検索
  • masui

Grasshopperでmetaball


皆さん、Grasshopperを使っていますか?

建築の分野のみならず、様々なPluginが登場していることから様々なデザインの現場で使われていると思います。

今日は、GrasshopperでのMetaballの作り方を簡単に動画で紹介したいと思います。

折角なので、Remapコンポーネントを用いてCurveの色を変化させています。

Remapコンポーネントはまた別の機会で説明ができればなと思います。

あるいはネットで調べればすぐに理解ができると思います。

以下が作成したコンポーネントとプレビュー画面です。

Rhinoceros側で定義したものは2つのPointのみです。

それから、非常に無駄なこともやってみました。

Metaballを構成するPoint(4点)から作られるSurfaceの面積が最小となるような位置にPointを移動させてMetaballを再構成してみました。

Surfaceの面積が最小となるようにPointの位置を最適化させるためにGalapagosを用いています。

どんな挙動を示すのかを試したかったので作っただけですので意味はありません。

Galapagosは最適解を求めるためのコンポーネントです。

遺伝的アルゴリズムを用いて問いを解くというものです。

ただ、その際の目的値は単一のものとなります。

複数の目的値の最適解を求めたい場合はOctopusというコンポーネントを用います。

こちらもいつか紹介ができればなと思います。

#Rhinoceros #grasshopper #generativedesign #metaball

167回の閲覧

Copyright © 2018 iSOL JAPAN Inc. All Rights Reserved.